紹介による医師転職

医師転職には紹介による転職がよくあります。
医師は出身大学や研究室、医局ごとに強いつながりがあり、同僚が開業したり転職したタイミングで誘われてそれまで勤務していた大学病院から個人のクリニックへ転職することも多いです。
さらには自身の研究内容や論文の成果が認められ、院長から紹介された専門機関へ転職が決まったり、友人のつてで同じ職場で一緒に働かないかと誘われることもあります。
医局内や同業の同級生たちの間で自分が将来やりたいことや研究したい内容を正直に話しておくことで、それぞれのつながりから思ってもいなかった話やチャンスが巡ってくることが医師業界ではよくあるので1つの職場にこだわらず様々な経験をしたかったりキャリアアップをしたい場合には仲間同士のかかわりや情報交換を欠かさないようにすることが大切です。